『静岡生まれ!「誉富士」の地酒で女子会』開催のお知らせ。

静岡産のお米の消費拡大と、地産地消推進、誉富士のお酒を知っていただく事を目的とした、
酒米「誉富士」の地酒セミナー、『静岡生まれ!「誉富士」の地酒で女子会』が開催されます。

講師は酒食ジャーナリスト、地域食ブランドアドバイザーの山本洋子さん。
山本さんは、焼津で行われる誉富士の田植えイベントに毎年駆けつけてくれます。

※左から2番目の女性が山本さん。その右隣は杉井酒造の杉井社長です。

この会は、女子会と銘打っていますので、男性は女性同伴でないと参加できません ^^;

以前、山本さんの講演をお聞きしましたが、お話がすごく面白いのです。「純米酒を一杯
飲むと、このぐらいの面積の田んぼが必要で・・・」といった分かりやすい具体例で農業に
ついて語ってくれたりで、分かりやすくって楽しい!

※焼津酒米研究会の梅原利浩会長(左)と山本さん。

このセミナーは、『お米日本一コンテストinしずおか2012』のサテライト企画として
開催されます。お申し込み開始は9月10日から。定員は100名、参加料1500円。
詳しくは静岡県庁の案内ページでご確認ください。

→ 『静岡生まれ!「誉富士」の地酒で女子会』のご案内

【データ】
日時 : 平成24年11月17日(土)14時30分~16時30分
場所 : 大日本報徳社 大講堂(JR「掛川駅」北口より徒歩7分)
対象 : 静岡の地酒に関心のある女性、女性を同伴した男性。

【プログラム】
・日本酒全般、静岡の地酒の講義、酒米と粳米の食べ比べ
・酒米「誉富士」生産者、蔵元、杜氏の紹介
・誉富士を使った地酒の試飲(塩麹や地元食材のおつまみ付き)

【講師プロフィール】


山本洋子
(やまもとようこ)
鳥取県境港市出身。婦人生活社『私の部屋(現・BISES)』編集部を経て、(株)オレンジページに入社。「心地いい暮らしがしたい」シリーズ編集長。編集した本は「素食がおいしい」「長寿食がおいしい」「米の酒はおいしい」「MACROBIOTC START BOOK」など。「素食」や「マクロビオティック」をテーマにした本を多数編集。玄米・雑穀、発酵食品をはじめ、日本が元気になる地域食材を積極的に紹介する。
現在、酒食ジャーナリスト及び地域食ブランドのアドバイザー、純米酒と酒肴セミナーの講師として全国へ。三重ブランド認定委員をはじめ、各県の地域活性会議等の委員を務める。 境港FISH大使。著書に『純米酒BOOK』がある。
→ ホームページ(Blog)


 


User:koyahi | Date:2012.08.30 20:29 | Category:イベント情報

9月2日、静岡県地酒まつりin東京に誉富士ブース出展します。

9月2日(日)、東京都千代田区一ツ橋の如水会館にて「静岡県地酒まつりin東京」が
開催されます。

下の写真は昨年の様子ですが、毎回大勢の皆さまにご来場いただき感謝申し上げます。
今年も各酒蔵ブースとともに、誉富士のお酒専用のブースを出展させていただきます。


誉富士の開発者である静岡県の宮田さんもお見えになりますので、酒米開発についてなど
色々なお話が聞けると思います。酒米の開発者に会える機会はなかなかありませんから、
ぜひご来場ください。


昨年の誉富士ブースの様子です。
昨年は用意したお酒がほとんどなくなるなど、大変ご好評をいただきました。
感謝いたしております。ありがとうございました。

今年も誉富士ブースでお待ちしております。

→ チケットのご案内

 


User:koyahi | Date:2012.08.24 13:48 | Category:イベント情報, 誉富士推進協議会PR活動

日本酒フェア2012 ~第6回全国日本酒フェア&H23BY公開きき酒会~

 毎年6月に池袋のサンシャインで開催される「日本酒フェア」が今年も開催されました。
日本酒フェアは、全国の酒蔵のお酒が試飲できる「全国日本酒フェア」と、今年の
全国新酒鑑評会に入賞したお酒をきき酒できる「公開きき酒会」がセットになった
日本酒のイベントです。

 
上の写真は、主催の日本酒造組合中央会の役員が出席したオープニングセレモニー。
左から3人目が中央会技術部長、静岡県酒造組合の土井会長(土井酒造社長)

 
上の写真は、公開きき酒会の様子。地域ブロック、県ごとに入賞酒が並びます。

 
年々、若い方たちの参加者が増えているように思います。
これは本当にうれしく、有難いことだと感謝しています。

 
こちらは、日本酒フェア会場の静岡県ブースです。大勢の方が試飲に訪れてくれました。
今年は例年の倍近くの本数を持ち込んだのですが、足りないほどでした。

 
各県のブースもいろいろ工夫されていて、下は秋田県ブースの酒こまちさん。


下は滋賀県のキャラクター「キャッフィー」。キャットフィッシュ(なまず)だからキャッフィー
なんでしょうか。琵琶湖大なまず。滋賀県はゆるキャラ多いですよね。


こちらは福井県のブース。おそろいの衣装でPR。華やかです。

 
静岡県ブースをご訪問いただいた皆さま、ありがとうございました。
多くの方からご意見、お褒めの言葉などを直接お聞きでき大変ありがたく思いました。

 
ご来場いただき、ありがとうございました。

 


User:koyahi | Date:2012.07.04 19:28 | Category:イベント情報

2012年6月 誉富士の田植えが行われました。

2012年6月3日(日)、焼津地域酒米研究会主催の誉富士田植えイベントが開催されました。
朝からあいにくの小雨模様。降ったり止んだりというお天気でした。


 田植えに先立ち、焼津地域酒米研究会の梅原会長よりご挨拶。


今年も東京から山本洋子さんが駆けつけてくれました。
山本さんは毎年この田植えイベントに参加してくれています。

 
早速みんなで田んぼへと移動。一列に並んでの手植えがはじまります。

 
いつも思いますが、稲の手植えは本当に重労働です。
機械のない昔の農業を思うと頭が下がります。

 
田植えの後、手足の泥を洗ってから、JA大井川東益津支店に集合。
下の写真中央が、誉富士の開発者である静岡県の宮田祐二氏。

 
今年も酒米生産者、酒造関係者、小売・料飲店が一堂に会し誉富士の栽培や、
誉富士のお酒について意見交換がされました。

今年も楽しいイベントでした。


User:koyahi | Date:2012.06.05 17:39 | Category:生産農家

そろそろ誉富士の田植えの時期です。昨年の様子をご紹介。

ここでご紹介している写真は、昨年の焼津地域酒米研究会の田植えイベントの様子です。

毎年、焼津市の田んぼで開催されます。

 

 

この日はお天気にも恵まれました。

上の写真は、焼津地域酒米研究会メンバーの農家の方々です。

 

 

これが誉富士の苗です。お米の苗って、子供の頃はしょっちゅう見ていた気がしますが、

こんなに間近で見たのは久しぶりかもしれない。

 

 

酒造関係者やお酒の小売店、飲食店など関係者の方々が主な参加者となります。

 

 

苗を手植えするのはかなりの重労働。呼吸を合わせて、なるべくまっすぐ植えていきます。

 

 

田植えの後は、お弁当をいただきながらの意見交換会が開かれます。

今お話しされているのは、酒・食 ジャーナリストで『純米酒BOOK(グラフ社)』の著者、

そして、マクロビオティックの第一人者でもある、やまもとようこ氏

 

 

写真上は、誉富士の開発者である静岡県の宮田祐二氏。

育種のことや、栽培についてなど、参加者からの様々な質問に答えてくれます。

 

 

ご挨拶される、焼津地域酒米研究会の梅原会長。

いつも先頭に立ち、誉富士についても熱く語られる、とてもパワフルな方です。

 

今年ももうすぐ田植えの時期です。今年の様子はまたあらためてレポートいたします。

 

 


User:koyahi | Date:2012.05.24 17:02 | Category:生産農家

« 前のページ1 2 3 4 5 6 7 次のページ »