ふじのくに食と花の都の祭典

2018年1月13・14日にアクトシティ浜松にて開催された、ふじのくに食と花の都の祭典にブース出展しました。初日は式典で鏡割りした樽酒のふるまいもあり、来場者にも大好評。連日、年代や性別を問わず賑っていました。


Date:2018.01.18 10:38 | Category:誉富士のお酒, 静岡県酒造組合行事

2018年新年ご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
また、旧年中は、誉富士のお酒をお引き立ていただき真にありがとうございます。より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。


Date:2018.01.01 0:00 | Category:静岡県酒造組合行事

2014年 静岡県杜氏研究会(2)

今年は総会と審査講評の後に、杜氏研究会主催の「山影純悦杜氏を祝う会」が
開催されました。

昨年の暮れ、神沢川酒造場の山影純悦杜氏が、厚労大臣から「現代の名工」に選出
されました。その受賞を祝う会です。

酒造関係者からの現代の名工選出は、東海4県では初となる快挙です。
上の写真は静岡県酒造組合会長で神沢川酒造場の望月社長。

来賓の皆さまからもお祝いのお言葉をいただきました。静岡県茶業農産課長の白井さま。

山本純悦杜氏からの答礼。

お祝いの木遣りと獅子舞が披露されました。

乾杯の音頭は土井酒造場の土井社長。

山影杜氏を囲んでの賑やかな会となりました。

 

 


Date:2014.03.08 15:20 | Category:静岡県酒造組合行事

2013年度 静岡県杜氏研究会(1)

2013年3月6日、静岡市のグランディエール ブケトーカイにて、静岡県杜氏研究会が
開かれました。

この日は研究会の総会と、静岡県新酒鑑評会の前哨戦となる新酒の審査会が開かれます。
上の写真は、静岡県内で活躍する岩手県の南部杜氏の皆さま。写真左から、三和酒造の
菅原杜氏、神沢川酒造場の山影杜氏、富士正酒造の八重樫杜氏、そして、磯自慢酒造の
多田杜氏です。

総会の様子です。一番手前は英君酒造の粒来杜氏。

 杜氏研究会の会長、花の舞酒造の土田杜氏からご挨拶。

総会と並行して、別室では純米の部、吟醸の部のお酒が審査中です。この審査会の結果を
参考にしながら、県の新酒鑑評会に出品するお酒をつめて行きます。

 審査が終わると審査員からの講評があり、蔵ごとに審査票が資料として渡されます。

 

 


Date:2014.03.07 14:49 | Category:静岡県酒造組合行事

「和食」の無形文化遺産登録が決定しました。

アゼルバイジャンで12月4日に開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の政府間委員会で、
「和食 日本人の伝統的な食文化」の無形文化遺産登録が決定しました。


その決定を受け、5日午前、県庁に於いて「和食文化の保護・継承国民会議会長」を務める
熊倉功夫静岡文化芸術大学長と川勝平太知事の会見がありました。


海外での人気が増している和食。日本で生まれた料理には日本のお酒ということで、海外への
日本酒輸出も非常に増えてきています。
富士山世界遺産の登録と合わせ、日本酒消費拡大への追い風となるようにしたい。

 

 


Date:2013.12.06 15:34 | Category:未分類

« 前のページ1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ »