2018.03.28 静岡県清酒鑑評会出品酒のきき酒会&表彰式レポート

桜も満開の3月28日。日ごとあたたかくなり、春めいてきた今日この頃です。本日は、先日の鑑評会に出品されたお酒を全種類きき酒できる、しかも予約不要・無料という素敵なイベントをレポートします。

平日にも関わらず、集まった人数は約400人。入り口でお猪口を受け取り(しかも、このお猪口はお土産として、お持ち帰りできます)テーブルに並べられた、鑑評酒をきき酒していきます。ここでは、お酒の瓶の前に大きめのグラスが用意され、スポイトが置かれていて、そのスポイトを使ってお酒を吸い上げ、自分のお猪口に入れるシステムになっています。

各蔵が、一番自信のあるお酒を鑑評会に出品するのですから、それはもうどれも美味しいに決まっています。おつまみ等の持ち込みは不可ですが、皆さん存分にきき酒を楽しんでいました。

場所を変えて第2会議室では、同様に「新酒鑑評会きき酒研究会」を開催。こちらは関係者のみで開催される会です。一般の方が参加できる、賑やかな雰囲気のきき酒会とは一変、こちらは、人数と静けさが比例しない、物音もほぼしない真剣に味と向き合う会場です。

蔵元の中には、このきき酒が終わるまでは舌の感覚を鈍らせないために食事を召し上がらないという方もいらっしゃいました。

その後は、鑑評会受賞の表彰式、永年勤続表彰などが行われました。


知事賞 吟醸酒の部
株式会社土井酒造場様

知事賞 純米吟醸酒の部
磯自慢酒造株式会社様

永年勤続賞の皆様


Date:2018.03.30 10:19 | Category:静岡県酒造組合行事

3月8日 杜氏研究会

酒造組合の総会の別室にて、行われていた杜氏研究会。杜氏さん達同士の意見や情報交換の場がありました。

 

他にも、13日に行われる鑑評会に向けての事前の審査会も行われました。これは、本番の鑑評会の審査には影響しないのですが、本番同様の審査方法で得点を競い、審査員たちからの、講評をフィードバックしてもらう会です。番号による方式で、酒蔵の名称は分からない状態での、香り、味わい、静岡らしさなどが審査されます。

順位が確定した後は、お酒の銘柄をオープンにして試飲。研究に余念がありません。

本日受け取った講評を参考に、よりブラッシュアップしたお酒で鑑評会に挑みます。


Date:2018.03.10 10:52 | Category:未分類

2月23日は「しずカパ」の日!

今年で第6回を迎える「しずカパ」。

富士山の日に、静岡のお酒で乾杯しよう!! というイベントです。開催も年数を重ねるにつれ、参加者も増え、「しずカパ」イベントが県内各地で行われるようになりました。

この日は、イベント会場のひとつ、駅南の海ぼうずさんにお邪魔しました。 会場には25種類の誉富士のお酒と、おいしそうなおでん。期待が高まります。

望月会長のご挨拶の後、 18時半を待って…乾杯!

場所は違っても18時半に一斉乾杯です。 近い将来、2月23日は祝日になるので、ますます「しずカパ」が盛り上がりそうです。


Date:2018.03.02 9:55 | Category:イベント情報

1