島田市本通 大村屋酒造場の仕込風景

大村屋酒造場の酒米の蒸し上がりは朝の5時半。
県内ではかなり早い時刻だと思う。

蒸米の作業は蔵人は勿論、会長や社長も加わり、まさに総動員での作業。

上の写真は甑(こしき)で蒸し上がった酒米を均等に冷ます工程。放冷といいます。
この酒米は麹室と酒母室に運ばれます。

大村屋酒造場はこの甑での蒸米作業の他に、自動蒸米機のラインも同時に稼働。
掛け米用など、酒質、仕込み量によって使い分けている。

こちらは酒母室の様子。酒母タンクがなんと16本も使用されている。

こちらは麹室の様子。大村屋酒造場では全量箱麹以上での麹造りとなる。

こちらは醸造蔵の様子。床の上に密閉型タンクの口の部分だけが出ている。
効率的に安全に作業が行えるよう工夫されています。

上の写真の床面の下の様子。清潔な空間に大きなタンクが整然と並ぶ。

こちらの部屋は「おんな泣かせ」など大吟醸、吟醸などを仕込む先ほどよりも小さな
タンクが並ぶ部屋。手前右は今話題の「若竹 鬼乙女 涙」を仕込んでいるタンク。
100%誉富士の特別純米酒。小さなタンクで丁寧に醸されています。

ちょうどこの日は「鬼乙女 涙」の上槽日。上の写真は鬼乙女の荒走りです。

鬼乙女は数量限定品ですのでお早目のお買い求めをお薦めします ^^

 


User:koyahi | Date:2012.12.17 21:20 | Category:酒造りの風景

1