靜岡市葵区鷹匠の魚弥長久さんで誉富士の酒を酌む。

静岡市葵区鷹匠の「魚弥長久(うおやながひさ)」さんは、開店当初から誉富士のお酒をラインナップしてくれている。

 

高島酒造(沼津)

「白隠政宗 誉富士 特別純米」

 

萩錦酒造(静岡市駿河区)

「駿河酔 誉富士純米」

 

神沢川酒造(静岡市清水区)

「正雪 誉富士 辛口純米」

 

富士錦酒造(富士宮市)

「富士錦 誉富士 特別純米」

 

三和酒造(静岡市清水区)

「臥龍梅 誉富士 純米吟醸」

 

千寿酒造(磐田市)

「千寿 誉富士 純米吟醸」

 

あっ、もちろん、誉富士のお酒以外の靜岡地酒もあります。杉錦酒造の生もとの大吟醸や、初亀醸造の純米吟醸「富蔵」など。ドリンクメニュー、かなり豊富です。

 

さてさて、魚弥長久さんは南マグロで有名なお店ですが、由比漁港に水揚げされる

地の魚の刺身も魅力。今日はどんな魚が入っているか、いつも楽しみなんです。

 

このお刺身を盛っている容器も、漁港や魚河岸のトロ箱みたいで面白い演出ですよね。

 

 

この日は、用宗港に揚がった生シラスも入っていて、

山梨県からの友人をこちらのお店に案内したのですが、とても喜んでくれました。

 

まず、このお刺身に合わせたのが、高島酒造の「白隠政宗 誉富士 特別純米」の燗酒。

ぬる燗にしてもらったのですが、この酒は本当に魚介と合います。抜群です。

魚と米の旨みが、こう、淡々と口中に、舌に漂うんです。ぜひぜひ燗酒でお試しください。

 

お造りをあらかた食べ終わったところで、太刀魚の骨を揚げてもらい骨煎餅に、

また、マグロの中おちを軽く炙ってもらいました。

 

 

白隠政宗の次に選んだのは、三和酒造の「臥龍梅 誉富士 純米吟醸」を冷やしたもの。

県外の友人に、いろいろなタイプの靜岡地酒を試してもらいたいですからね。

 

 

魚弥長久さんの冷酒は、シャンパンタワーじゃないですけど、一番上のグラスにお酒を注ぎ、

次いでグラスから溢れたお酒がマスを満たし、更に溢れたお酒が一番下の杯を満たすという演出。

なかなか洒落てますでしょ ^^

 

「臥龍梅でしたら」と、店長の中村さんが牛タンの赤ワイン煮を出してくれました。

お店の方とこういうやり取りができるから、「酒はカウンターで飲むに限る!」って私は思います。

 

 

 友人は、『へー、さっきのお酒もいいけど、このお酒は、甲州ワインみたいな感覚で飲めるね』

って言っておりました。

実はこの友人、日本酒に限らず、ウィスキーなどの甘味が苦手!なのだそうで、、、

(確かに、いつもワインでしたね。気づかずにいてスミマセン・・・)

ただ、いろんなタイプの日本酒があるって知ってもらえて良かった。完全に怪我の功名ですけど ^^;;;

 

日本酒の甘さが苦手って方、結構います。それは甘みと酸味のバランスの問題だと思うのです。

ちゃんと造られた日本酒は、甘さだけでなく酸もあります。甘さだけが際立つような厚みのない酒は、

正直、あまり出来の良い酒ではありません。

 

「誉富士」のお酒は、20社の酒蔵がキチンと造った個性あるお酒です。

誉富士マークの静岡地酒を見かけたら、ぜひぜひお試しください。

 

 

魚弥長久 (うおやながひさ)

住所:静岡市葵区鷹匠3-22-5

電話:054-255-8886

営業:昼/11:30~14:00  夕/17:00~23:00

 


User:koyahi | Date:2011.12.15 0:00 | Category:「誉富士」が飲めるお店

1