誉富士の新酒贈呈に川勝知事を訪問いたしました。

静岡県オリジナル酒米「誉富士」のロゴマークは、川勝知事が静岡文化芸術大学長当時の在学生がデザインしてくれたものです。そのため、川勝知事と誉富士のお酒はとてもご縁があります。

川勝知事に誉富士のお酒を進呈する望月会長(神沢川酒造場/静岡市清水区)

清副会長(富士錦酒造/富士宮市)

森本副会長(森本酒造/菊川市)

静岡県酒造組合からは新役員の望月会長、清副会長、森本副会長と、土井前会長(土井酒造場/掛川市)、そして、今年の『現代の名工』に選出された神沢川酒造場の山影純悦杜氏が出席。

また、焼津地域酒米研究会から梅原会長、八木副会長、松村副会長らが出席されました。

この日は新酒贈呈に合わせ、望月新会長をはじめとする新役員のご挨拶の機会ともなりました。

また、6期12年に亘って静岡県酒造組合の会長職を務めた土井前会長から、会長職退任のご挨拶と任期中の御礼を申し述べました。

神沢川酒造場の山影杜氏からは、『現代の名工』選出の報告と、杜氏の名前を冠した純米大吟醸を進呈いたしました。

写真右から順に、山影杜氏、森本副会長、望月会長、土井前会長、清副会長、川勝知事、酒米研究会の松村副会長、梅原会長、八木副会長、酒造組合の小澤事務局長。

川勝知事が手にお持ちのパンフレットは、静岡県経済産業部農林業局茶業農産課に制作していただいた、新しい誉富士のお酒のパンフレットです。誉富士のお酒を醸造している静岡県内24蔵が紹介されています。

 

 


User:koyahi | Date:2013.12.05 20:32 | Category:生産農家, 誉富士推進協議会PR活動, 静岡県酒造組合行事

焼津酒米研究会 刈入れイベント

2013年10月5日(日)、焼津市東益津の田んぼで、焼津酒米研究会主催の
誉富士の刈入れイベントが開催されました。

前日は雨がパラついておりましたが、天候はご覧の様な快晴です。

焼津酒米研究会では、誉富士の開発当初から、この新品種の栽培に熱心に取り組まれて
来ました。

稲の刈入れ前に、正しい鎌の使い方の説明です。

子供たちも頑張って稲刈りに参加してくれました。

誉富士を熱心にサポートしてくれる山本洋子先生。毎年、参加してくださいます。

田植え、刈入れと多くの皆さんが参加。大人にとっても、子供にとっても貴重な体験の
時間ともなっています。

焼津酒米研究会の皆さん、ありがとうございます!

 

 


User:koyahi | Date:2013.10.10 17:00 | Category:イベント情報, 生産農家

焼津酒米研究会 誉富士田植えイベント2013

焼津市東益津の田んぼで、誉富士の田植えイベントが開催。

薄曇りで日差しが遮られてちょうど良い感じです。

この田植えイベントも年々参加者が増えているような気がします。

今年も品質の高い誉富士が実ります様に。

 

 


User:koyahi | Date:2013.06.10 18:02 | Category:お米の解説, 生産農家

2012年6月 誉富士の田植えが行われました。

2012年6月3日(日)、焼津地域酒米研究会主催の誉富士田植えイベントが開催されました。
朝からあいにくの小雨模様。降ったり止んだりというお天気でした。


 田植えに先立ち、焼津地域酒米研究会の梅原会長よりご挨拶。


今年も東京から山本洋子さんが駆けつけてくれました。
山本さんは毎年この田植えイベントに参加してくれています。

 
早速みんなで田んぼへと移動。一列に並んでの手植えがはじまります。

 
いつも思いますが、稲の手植えは本当に重労働です。
機械のない昔の農業を思うと頭が下がります。

 
田植えの後、手足の泥を洗ってから、JA大井川東益津支店に集合。
下の写真中央が、誉富士の開発者である静岡県の宮田祐二氏。

 
今年も酒米生産者、酒造関係者、小売・料飲店が一堂に会し誉富士の栽培や、
誉富士のお酒について意見交換がされました。

今年も楽しいイベントでした。


User:koyahi | Date:2012.06.05 17:39 | Category:生産農家

そろそろ誉富士の田植えの時期です。昨年の様子をご紹介。

ここでご紹介している写真は、昨年の焼津地域酒米研究会の田植えイベントの様子です。

毎年、焼津市の田んぼで開催されます。

 

 

この日はお天気にも恵まれました。

上の写真は、焼津地域酒米研究会メンバーの農家の方々です。

 

 

これが誉富士の苗です。お米の苗って、子供の頃はしょっちゅう見ていた気がしますが、

こんなに間近で見たのは久しぶりかもしれない。

 

 

酒造関係者やお酒の小売店、飲食店など関係者の方々が主な参加者となります。

 

 

苗を手植えするのはかなりの重労働。呼吸を合わせて、なるべくまっすぐ植えていきます。

 

 

田植えの後は、お弁当をいただきながらの意見交換会が開かれます。

今お話しされているのは、酒・食 ジャーナリストで『純米酒BOOK(グラフ社)』の著者、

そして、マクロビオティックの第一人者でもある、やまもとようこ氏

 

 

写真上は、誉富士の開発者である静岡県の宮田祐二氏。

育種のことや、栽培についてなど、参加者からの様々な質問に答えてくれます。

 

 

ご挨拶される、焼津地域酒米研究会の梅原会長。

いつも先頭に立ち、誉富士についても熱く語られる、とてもパワフルな方です。

 

今年ももうすぐ田植えの時期です。今年の様子はまたあらためてレポートいたします。

 

 


User:koyahi | Date:2012.05.24 17:02 | Category:生産農家

1