2014年 静岡県杜氏研究会(2)

今年は総会と審査講評の後に、杜氏研究会主催の「山影純悦杜氏を祝う会」が
開催されました。

昨年の暮れ、神沢川酒造場の山影純悦杜氏が、厚労大臣から「現代の名工」に選出
されました。その受賞を祝う会です。

酒造関係者からの現代の名工選出は、東海4県では初となる快挙です。
上の写真は静岡県酒造組合会長で神沢川酒造場の望月社長。

来賓の皆さまからもお祝いのお言葉をいただきました。静岡県茶業農産課長の白井さま。

山本純悦杜氏からの答礼。

お祝いの木遣りと獅子舞が披露されました。

乾杯の音頭は土井酒造場の土井社長。

山影杜氏を囲んでの賑やかな会となりました。

 

 


User:koyahi | Date:2014.03.08 15:20 | Category:静岡県酒造組合行事

2013年度 静岡県杜氏研究会(1)

2013年3月6日、静岡市のグランディエール ブケトーカイにて、静岡県杜氏研究会が
開かれました。

この日は研究会の総会と、静岡県新酒鑑評会の前哨戦となる新酒の審査会が開かれます。
上の写真は、静岡県内で活躍する岩手県の南部杜氏の皆さま。写真左から、三和酒造の
菅原杜氏、神沢川酒造場の山影杜氏、富士正酒造の八重樫杜氏、そして、磯自慢酒造の
多田杜氏です。

総会の様子です。一番手前は英君酒造の粒来杜氏。

 杜氏研究会の会長、花の舞酒造の土田杜氏からご挨拶。

総会と並行して、別室では純米の部、吟醸の部のお酒が審査中です。この審査会の結果を
参考にしながら、県の新酒鑑評会に出品するお酒をつめて行きます。

 審査が終わると審査員からの講評があり、蔵ごとに審査票が資料として渡されます。

 

 


User:koyahi | Date:2014.03.07 14:49 | Category:静岡県酒造組合行事

誉富士の新酒贈呈に川勝知事を訪問いたしました。

静岡県オリジナル酒米「誉富士」のロゴマークは、川勝知事が静岡文化芸術大学長当時の在学生がデザインしてくれたものです。そのため、川勝知事と誉富士のお酒はとてもご縁があります。

川勝知事に誉富士のお酒を進呈する望月会長(神沢川酒造場/静岡市清水区)

清副会長(富士錦酒造/富士宮市)

森本副会長(森本酒造/菊川市)

静岡県酒造組合からは新役員の望月会長、清副会長、森本副会長と、土井前会長(土井酒造場/掛川市)、そして、今年の『現代の名工』に選出された神沢川酒造場の山影純悦杜氏が出席。

また、焼津地域酒米研究会から梅原会長、八木副会長、松村副会長らが出席されました。

この日は新酒贈呈に合わせ、望月新会長をはじめとする新役員のご挨拶の機会ともなりました。

また、6期12年に亘って静岡県酒造組合の会長職を務めた土井前会長から、会長職退任のご挨拶と任期中の御礼を申し述べました。

神沢川酒造場の山影杜氏からは、『現代の名工』選出の報告と、杜氏の名前を冠した純米大吟醸を進呈いたしました。

写真右から順に、山影杜氏、森本副会長、望月会長、土井前会長、清副会長、川勝知事、酒米研究会の松村副会長、梅原会長、八木副会長、酒造組合の小澤事務局長。

川勝知事が手にお持ちのパンフレットは、静岡県経済産業部農林業局茶業農産課に制作していただいた、新しい誉富士のお酒のパンフレットです。誉富士のお酒を醸造している静岡県内24蔵が紹介されています。

 

 


User:koyahi | Date:2013.12.05 20:32 | Category:生産農家, 誉富士推進協議会PR活動, 静岡県酒造組合行事

平成25年(H24BY) 静岡県清酒鑑評会の結果が発表されました。

3月13日、静岡県沼津工業技術支援センターにおいて、静岡県清酒鑑評会の
審査会が開かれました。

今回出品されたのは、吟醸酒の部が22場42点、純米吟醸の部が23場43点。

上の写真は「吟醸の部」の一次審査の様子。

「純米吟醸の部」の一次審査の様子です。

11人の審査員により、それぞれの部で三次審査まで行われ結果が発表されます。

審査採点の集計などは名古屋国税局の酒類業調整官によって行われるなど、
とても厳正に審査されています。

→ 平成25年度(平成24年酒造年度)静岡県清酒鑑評会審査結果

 


User:koyahi | Date:2013.03.13 18:19 | Category:静岡県酒造組合行事

平成25年3月 静岡県杜氏研究会

3月8日、葵タワーのブケ・トウカイにおいて、静岡県杜氏研究会が開かれました。


上の写真は、総会前にロビーで寛ぐ杜氏の皆さんの様子。
左から富士正酒造の八重樫杜氏、三和合酒造の菅原杜氏、静岡平喜酒造の久谷杜氏、
神沢川酒造の山影杜氏、そして、磯自慢酒造の多田杜氏。


総会に先立ち挨拶をされる杜氏会の会長である、花の舞酒造の土田杜氏。


来賓として挨拶をされる静岡県酒造組合副会長、初亀醸造の橋本社長。


同じく来賓の名古屋国税局酒類業調整官の安間様。


総会の会場の様子。一番手前は静岡県酒造組合副会長の神沢川酒造、望月社長。


司会進行を務める磯自慢酒造の多田杜氏(左)と、報告を行う富士錦酒造の根本杜氏。


杜氏会と並行して別室では、各蔵の杜氏が出品した新酒の審査を行っています。
この審査が静岡県新酒鑑評会の前哨戦となります。


この日、審査員を務めたのは、

名古屋国税局鑑定官室鑑定官 岩田主任鑑定官
静岡県沼津工業技術支援センター 勝山研究員
静岡県沼津工業技術支援センター 天野研究員
【静岡地方酒類審議会委員】
静岡県卸酒販組合 塚本英一氏
静岡県小売酒販連合会 大川博之氏
森本酒造合資会社 森本社長
英君酒造株式会社 望月社長
高嶋酒造株式会社 高嶋社長
花の舞酒造株式会社 土田杜氏

静岡県新酒鑑評会の審査会は明日、2/13です。

 

 


User:koyahi | Date:2013.03.12 21:22 | Category:静岡県酒造組合行事

1