静岡の地酒「静岡県酒造組合」 富士山、天城山地、南アルプスの名水で醸す静岡の地酒を蔵元情報と共にご紹介。日本酒の良さ、日本酒文化を多くの方に伝えたい。
ホーム会長ご挨拶組織概要鑑評会受賞歴酒蔵のご紹介リンク

静岡県の酒蔵会社と蔵元の紹介

しずおか酒造りの風景


しずおか酒造りの風景

インターナショナル・サケ・チャレンジ
インターナショナル・サケ・チャレンジ

第11回 静岡県地酒まつりin東京
2008年イベントレポート

第22回 静岡県地酒まつりin静岡
2009年イベントレポート

日本酒で乾杯推進会議
日本酒で乾杯推進会議

駿河酒造場 width=(1)

住所/静岡市駿河区西脇25-1
銘柄酒/「曽我鶴」、「萩の蔵」、「天虹」、「忠正」
≫所在地

2010年、歴史ある「忠正」ブランドを引き継ぐ新しい蔵が誕生


 「えっ、駿河酒造場っていう社名の酒蔵、静岡県にあった?」と思われた方、静岡地酒にお詳しいですね。駿河酒造場は、旧・曽我鶴・萩の蔵酒造の新しい社名です。

 2010年4月に浅間神社近くの吉屋酒造さんが廃業されましたが、その「忠正」ブランドを曽我鶴・萩の蔵酒造さんが引き継ぐことになりました。そこで、蔵を掛川市から静岡市駿河区に安倍川水系の佳い水を得て移転し、社名も駿河酒造へと改めました。

 新しく誕生した駿河酒造場では、「曽我鶴」「萩の蔵」「天虹(てんこう)」「忠正」の4銘柄の酒を醸すことになります。私の好きな、「海舟の山廃」もいずれはと仰っていただいたので、とっても楽しみです。

次のページへ≫