静岡の地酒「静岡県酒造組合」 富士山、天城山地、南アルプスの名水で醸す静岡の地酒を蔵元情報と共にご紹介。日本酒の良さ、日本酒文化を多くの方に伝えたい。
ホーム会長ご挨拶組織概要鑑評会受賞歴酒蔵のご紹介リンク

静岡県の酒蔵会社と蔵元の紹介

しずおか酒造りの風景


しずおか酒造りの風景

インターナショナル・サケ・チャレンジ
インターナショナル・サケ・チャレンジ

第11回 静岡県地酒まつりin東京
2008年イベントレポート

第22回 静岡県地酒まつりin静岡
2009年イベントレポート

日本酒で乾杯推進会議
日本酒で乾杯推進会議


▲深い瓦葺の軒庇が風格を感じさせる旧母屋。現在は店舗、事務所として使用されている。

初亀醸造株式会社(1)

住所/藤枝市岡部町岡部744
銘柄酒/「初亀」
≫所在地

 旧東海道沿いに、「亀」の字を白く染め抜いた紺地の日よけ幕。宿場町の老舗酒蔵らしい風情を漂わせている。
 初亀醸造は数々の受賞歴と共に全国にその名を知られているが、その名声は、単に古くから受け継いだものではない。先代社長から二代に渡っての不断の努力と工夫、また、静岡の蔵では珍しく、酒質だけでなく商品デザインへのこだわりなど、斬新な取り組みによって獲得したものであった。橋本謹嗣社長にお話を伺った。

初亀の酒造りへの想いが、お客様にすぐ通じるような酒を。


▲優しい笑顔に静かな語り口の橋本謹嗣社長。

──これまで何度かお会いしておりますが、実は私も岡部町の住人なんです。

 えっ、そうだったんですか。知りませんでしたよ。

──昔、岡部に引っ越してきたばかりの頃、ある集まりの忘年会に、たまたま手元にあった酒を持って行ったんです。これは手に入りにくい酒ですって。そうしたら皆から、「初亀の旨さを知らないな!」って、すごいブーイングで、随分と怒られました(笑)。

 そんなことがあったんですか。うちとしては嬉しいお話ですけど(笑)。

──ええ。ですから初亀さんというと、地元の人に愛されている、岡部町の自慢の酒という印象がすごく強烈で。

 そうですか。酒造会社として、岡部町の方にそう思っていただけるのは嬉しいことですね。地元の人に、「岡部には初亀がある!」と誇りをもってもらえる、自慢してもらえる酒が目標のひとつでしたから。

次のページへ≫